映画部概要

What's De.Palma?

デパルマとは

 私たちのデパルマ(De.Palma)という名前は、『アンタッチャブル』や『ミッション:インポッシブル』などで知られるアメリカの映画監督、ブライアン・デ・パルマにちなんで名付けられたとされています。かつて存在したサークルのこの名称とともに、私たちはサークルらしい自由な環境を兼ね備えた学友会団体として今まで歩んできました。あくまで、映画制作の代名詞としてその名を借用しているだけであり、デ・パルマ監督の映画作品や、監督自身について研究したり、デ・パルマ監督の手法のみを参考に映画を制作したりしているわけではありません。
 

デパルマとは

 私たちのデパルマ(De.Palma)という名前は、『アンタッチャブル』や『ミッション:インポッシブル』などで知られるアメリカの映画監督、ブライアン・デ・パルマにちなんで名付けられたとされています。かつて存在したサークルのこの名称とともに、サークルらしい自由な環境を兼ね備えた学友会団体として私たちは今まで歩んできました。あくまで、映画制作の代名詞としてその名を借用しているだけであり、デ・パルマ監督の映画作品や、監督自身について研究したり、デ・パルマ監督の手法のみを参考に映画を制作したりしているわけではありません。

活動内容

 私たちデパルマの主な活動は、『自主映画』に取り組むことです。脚本、撮影、編集といった映画制作の様々な段階を自らの手で乗り越え、完成品を上映することを通して、映画への造詣を深めつつ、豊かに自己表現することを目的としています。
 表現したいものを実際に映画という形に仕上げるために、映画のあり方や表現技法といった知識を学んだり、カメラや編集の技術的なスキルを身につけたり、共に映画を創る仲間たちと親交を深めたりすることも大切な活動です。映画制作は、脚本を思いつくか、撮りたい絵を撮れる状況か、役者の都合が合うか、など様々な要素が絡み合うため、毎週のように決まったメニューをこなすわけではありません。むしろ普段は、主に部室を拠点として、機材に触れてみたり、仲間と話したり、映画を見たり、本を読んだりしながら過ごします。人によっては勉強やバイトに勤しんだり、他のサークルに参加したり、映画を制作する時以外はデパルマで活動しない人もいます。あくまで「自主」映画ですので、何かに強制されて活動することはありません。
 「映画」を核に集まった仲間たちと、「映画」に関係するものと触れ合いながら、あらゆるものをゼロから創り上げていく。それが私たちデパルマの活動です。

活動内容

 私たちデパルマの主な活動は、『自主映画』に取り組むことです。脚本、撮影、編集といった映画制作の様々な段階を自らの手で乗り越え、完成品を上映することを通して、映画への造詣を深めつつ、豊かに自己表現することを目的としています。
 表現したいものを実際に映画という形に仕上げるために、映画のあり方や表現技法といった知識を学んだり、カメラや編集の技術的なスキルを身につけたり、共に映画を創る仲間たちと親交を深めたりすることも大切な活動です。映画制作は、脚本を思いつくか、撮りたい絵を撮れる状況か、役者の都合が合うか、など様々な要素が絡み合うため、毎週のように決まったメニューをこなすわけではありません。むしろ普段は、主に部室を拠点として、機材に触れてみたり、仲間と話したり、映画を見たり、本を読んだりしながら過ごします。人によっては勉強やバイトに勤しんだり、他のサークルに参加したり、映画を制作する時以外はデパルマで活動しない人もいます。あくまで「自主」映画ですので、何かに強制されて活動することはありません。
 「映画」を核に集まった仲間たちと、「映画」に関係するものと触れ合いながら、あらゆるものをゼロから創り上げていく。それが私たちデパルマの活動です。

活動環境 

 デパルマは、所属する部員それぞれが自主的に映画に関わる活動をする環境を保証するための団体ですので、映画制作に必要な機材や、知識を得るための書籍などは一揃い所有しておりますし、完成品を披露する上映会の運営はデパルマ全体で協力して行います。誰もが映画制作に挑戦できるように、このような制作環境を設けるとともに、役者やスタッフなどの役割の面でも支え合う文化が根づいており、各々の主体的な表現活動が尊重されています。
 必ずしも入部者全員が映画を制作するわけではありません。脚本だけ、出演だけ、という部員もいれば、取り立てて何か表現活動するわけでなく、デパルマの自由な雰囲気に馴染んで居付く部員もいます。デパルマは「映画をつくりたい」「映画を見たい」「仲間と一緒に時間を過ごしたい」といった人が自然と集まった場所といえます。
 デパルマの部員は、そのほとんどが映像制作の未経験者です。書籍や先輩の手を借りながら自分の求める表現に必要なスキルを身に着けていきます。初めてビデオに触れた人の作品から、経験を重ねた上級生の本格的な作品まで、別け隔てなく上映されることは、私たちの自主映画上映会の醍醐味の一つです。

活動環境 

 デパルマは、所属する部員それぞれが自主的に映画に関わる活動をする環境を保証するための団体ですので、映画制作に必要な機材や、知識を得るための書籍などは一揃い所有しておりますし、完成品を披露する上映会の運営はデパルマ全体で協力して行います。誰もが映画制作に挑戦できるように、このような制作環境を設けるとともに、役者やスタッフなどの役割の面でも支え合う文化が根づいており、各々の主体的な表現活動が尊重されています。
 必ずしも入部者全員が映画を制作するわけではありません。脚本だけ、出演だけ、という部員もいれば、取り立てて何か表現活動するわけでなく、デパルマの自由な雰囲気に馴染んで居付く部員もいます。デパルマは「映画をつくりたい」「映画を見たい」「仲間と一緒に時間を過ごしたい」といった人が自然と集まった場所といえます。
 デパルマの部員は、ほとんどが映像制作の未経験者です。書籍や先輩のチカラを借りながら、自分の求める表現に必要なスキルを身に着けていきます。初めてビデオに触れた人の作品から、経験を重ねた上級生の本格的な作品まで、別け隔てなく上映されることは、私たちの自主映画上映会の醍醐味の一つです。

制作環境

撮影機材

SONY VG30、VG10、NEX-5

Panasonic G2 ×2台

録音機材

ガンマイク、ボーカルマイク、リニアPCMレコーダー

編集機材

Windows PC (OS7) ×3台

編集ソフト

Adobe Creative Suite 5.5 (Photoshop、Premiere、AfterEffects、Audition、Illustrator)

DAVINCI RESOLVE11

その他

三脚、一脚、スタビライザー、レフ板、ブーム、グリーンバック、共有SDカードetc.

 

 

制作環境

撮影機材

SONY VG30、VG10、NEX-5

Panasonic G2 ×2台

録音機材

ガンマイク、ボーカルマイク、リニアPCMレコーダー

編集機材

Windows PC (OS7) ×3台

編集ソフト

Adobe Creative Suite 5.5 (Photoshop、Premiere、AfterEffects、Audition、Illustrator)

DAVINCI RESOLVE 11,12

その他

三脚、一脚、スタビライザー、レフ板、ブーム、グリーンバック、共有SDカードetc.